2014.9.26[Fri]
『作品』

このドローイングを描いていて、
ふと思い返して小林秀雄を読み返す。

小林秀雄〜『測鉛 T 』より抜粋

人間が見たものを表現しようとするのは、
蜈蚣(むかで)が歩くのに
何の足から動かそうと考えるのと同じである。
蜈蚣は一寸でも動けるか?
若し少しでも動けたならそれが作品というものである。

2014.9.19[Fri]
『個展終了』

本日、個展が終了。
ご来場いただきましたたくさんの方々。
また最大限のサポートをしてくださった方々。
共にあたたかな時間を過ごさせていただいたことを
とても幸せに想います。
ありがとうございました。

今回、私は敢えて、あがきながら制作することを強いてみました。
だからと言って、何ひとつ確信めいた答えに行き着いた訳ではありません。

語弊のある言い方となるかもしれませんが、
今、私は芸術をそれほど価値のあるものだと思っていません。

昔は芸術というものは、自然や人生というものまでも、
明確に描出できるものだと信じていたことがありました。

ただ、その想いは奢りであったことに
最近ようやく気づき始めているようです。

私の創る作品は非常にみすぼらしいということに気づき、
その苦しみをねじ伏せるために、
逆らう気持ちが生まれてしまうことを
我ながら恥ずかしく想えるようになってきているようです。

これが創作の愉しみなのだろう…そう想っているのです。

2014.9.10[Wed]
『ヒダ』

この画像は制作途中の立体作品で、
今回の個展には展示していないのだが、
何故か最近、私はヒダ状のものに惹かれ始めている。

ふと思い出したのだが…
大学時代の恩師、松本英一郎先生の
「退屈な風景」「さくら・うし」と題された風景画は全てヒダで描かれていた。
それはそれは、とてつもなく美しい風景画だった。

私のヒダはきっと未熟で、生み出そうとあがいているだけなのかもしれないが、
高村光太郎の『道程』を読むと、何となく救われる想いもするのである。



高村光太郎 『道程』〜全文

どこかに通じてゐる大道を僕は歩いてゐるのぢやない
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
道は僕のふみしだいて来た足あとだ
だから
道の最端にいつでも僕は立つてゐる
何といふ曲りくねり
迷ひまよつた道だらう
自堕落に消え滅びかけたあの道
絶望に閉ぢ込められかけたあの道
幼い苦悩にもみつぶれたあの道
ふり返つてみると
自分の道は戦慄に値ひする
四離滅裂な
又むざんな此の光景を見て
誰がこれを
生命の道と信ずるだらう
それだのに
やつぱり此が生命に導く道だつた
そして僕は此処まで来てしまつた
此のさんたんたる自分の道を見て
僕は自然の広大ないつくしみに涙を流すのだ
あのやくざに見えた道の中から
生命の意味をはつきり見せてくれたのは自然だ
これこそ厳格な父の愛だ
子供になり切つたありがたさを僕はしみじみと思つた
たうとう自分をつかまへたのだ
恰度そのとき事態は一変した
俄かに眼前にあるものは光を放出し
空も地面も沸く様に動き出した
そのまに
自然は微笑をのこして僕の手から
永遠の地平線へ姿をかくした
そしてその気魄が宇宙に充ちみちた
驚いてゐる僕の魂は
いきなり「歩け」といふ声につらぬかれた
僕は武者ぶるひをした
僕は子供の使命を全身に感じた
子供の使命!
僕の肩は重くなつた
そして僕はもうたよる手が無くなつた
無意識にたよつていた手が無くなつた
ただ此の宇宙に充ちみちてゐる父を信じて
自分の全身をなげうつのだ
僕ははじめ一歩も歩けない事を経験した
かなり長い間
冷たい油の汗を流しながら
一つところにたちつくして居た
僕は心を集めて父の胸にふれた
すると
僕の足はひとりでに動き出した
不思議に僕は或る自憑の境を得た
僕はどう行かうとも思はない
どの道をとらうとも思はない
僕の前には広漠とした岩畳な一面の風景がひろがつてゐる
その間に花が咲き水が流れてゐる
石があり絶壁がある
それがみないきいきとしてゐる
僕はただあの不思議な自憑の督促のままに歩いてゆく
しかし四方は気味の悪い程静かだ
恐ろしい世界の果へ行つてしまふのかと思ふ時もある
寂しさはつんぼのように苦しいものだ
僕はその時又父にいのる
父はその風景の間に僅かながら勇ましく同じ方へ歩いてゆく人間を僕に見せてくれる
同属を喜ぶ人間の性に僕はふるへ立つ
声をあげて祝福を伝へる
そしてあの永遠の地平線を前にして胸のすく程深い呼吸をするのだ
僕の眼が開けるに従つて
四方の風景は其の部分を明らかに僕に示す
生育のいい草の陰に小さい人間のうぢやうぢや這ひまはつて居るのもみえる
彼等も僕も
大きな人類といふものの一部分だ
しかし人類は無駄なものを棄て腐らしても惜しまない
人間は鮭の卵だ
千万人の中で百人も残れば
人類は永久に絶えやしない
棄て腐らすのを見越して
自然は人類の為め人間を沢山つくるのだ
腐るものは腐れ
自然に背いたものはみな腐る
僕は今のところ彼等にかまつてゐられない
もつと此の風景に養はれ育まれて
自分を自分らしく伸ばさねばならぬ
子供は父のいつくしみに報いたい気を燃やしてゐるのだ
ああ
人類の道程は遠い
そして其の大道はない
自然の子供等が全身の力で拓いて行かねばならないのだ
歩け、歩け
どんなものが出て来ても乗り越して歩け
この光り輝く風景の中に踏み込んでゆけ
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、父よ
僕を一人立ちにさせた父よ
僕から目を離さないで守ることをせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため

2014.9.8[Mon]
『個展…明日から』

明日から個展が開幕いたします。
今回はコラージュやドローイング、モノタイプ技法による作品も展示。
ご高覧いただけければ幸いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------
『ユリア・アグリッピーナの鏡匣を斫断する666(NERO)の竪琴和絃』
9月9日(火)〜9月19日(金)
※9/13・14・15は休廊
open 11:00-17:00

SHOP土屋・GALLERY黒豆
〒355-0075
埼玉県東松山市下青鳥186-5
tel.0493-24-0403

東武東上線東松山駅西口より徒歩15分
関越道東松山 I Cより約3分
----------------------------------------------------------------------------------------------

2014.8.9[Sat]
『涅槃』

自分の文体や様式に誠実であろうと思えば思うほど、
我が心は煩悩にさいなまれ、みすぼらしくなる。

私は自分の精神の発展に誠実でありたいだけだ。
この素描は釈迦涅槃図のような想いで描いた。

「あぁ、俺は駄目だ、駄目だ…」と日々つぶやきながらも、
自由を刻印した運動の沈殿物を創り続ける以外に方法はない。
自分の作品に一瞬でも感動したら全てお終いなのだ。

2014.8.2[Sat]
『個展のお知らせ』

個展のお知らせを致します。
今回のテーマは皇帝ネロの母親「ユリア・アグリッピーナ」。

夫であり第四代皇帝でもあるクラウディウスを暗殺してまで実現したネロの皇帝即位。
その後も続くアグリッピーナの圧倒的な権勢。
恐れをなしたネロ。
そして実行されたアグリッピーナ暗殺。

私はこのことに想いを巡らせるたび、
何故か脈絡なく、キューブリックの「シャイニング」の一場面が思い浮かぶ。
ピンクとゴールドで彩られたエレガントにして狂気に満ちた
オーバールック・ホテルの「ゴールド・ルーム」。

そこに共鳴するネロが奏でる竪琴の音色に
そっと耳を傾けてみたいと思う。

----------------------------------------------------------------------------------------------
『ユリア・アグリッピーナの鏡匣を斫断する666(NERO)の竪琴和絃』
9月9日(火)〜9月19日(金)
※9/13・14・15は休廊
open 11:00-17:00

SHOP土屋・GALLERY黒豆
〒355-0075
埼玉県東松山市下青鳥186-5
tel.0493-24-0403

東武東上線東松山駅西口より徒歩15分
関越道東松山 I Cより約3分
----------------------------------------------------------------------------------------------

2014.7.16[Wed]
『素描』

完成されたタブローより、その前段階に描かれた素描の方が
研ぎ澄まされた感覚で心の奥底に染み入ってくることがある。
最近、私はそのような心持ちで素描を楽しんでいる。
何の気負いもなく、出来映え、善し悪しも考えず、ただひたすら描くのみ。
極端な言い方だが、わら半紙と鉛筆さえあれば
怖いものなどないではないか…とさえ想う。

2014.6.15[Sun]
『個展終了』

本日をもって個展が終了。
ご来場いただいたみなさま、
そして、最大限のサポートをしてくださったみなさまに
この場を持ちまして感謝致します。

今回の主題となったドムス・アウレア、そしてネロについては
今後、更に違う角度から掘り下げていこうと想っているところ。

そしてここ数週間、脈絡なく脳裏をよぎるキューブリックの「シャイニング」の一光景。
私の心の奥底に隠れた未知なる猛毒を見る想い。
何故かそこには甘美なイマージュが待ち受けているような気が…。
このざわめきは一体何なのだろうか…。

2014.5.29[Thu]
『遠ざかる月…そして現在の私』

個展開催から2日が過ぎた。

月は1年に約3.8センチという距離で地球から遠ざかっているという。
これはアポロ計画の宇宙飛行士が月面に設置した
反射鏡(レーザー光線測定用)によって明らかとなったもの。

皇帝ネロの在位から現在までの間に、およそ74メートル以上離れた計算になる。
この74メートルという空間は分割可能である。
しかし、過ぎ去った時は分割不可能である。

この際…話は、ネロでも、ジョルダーノ・ブルーノでも良い。
過去の歴史を自分自身の心の中で蘇らそうとする時、
現在、ここに存在している私とは何か…ということが必ず脳裏をよぎる。
これは全くもって不思議なことである。

この「現在」ということについて…。
ベルクソンの語っていることは非常に多くのことを教えてくれているように感ずる。
以下、ベルクソンの『物質と記憶』(白水社/田島節夫 訳)より一部抜粋。

「現在とはなにか」
これはつまり、私の現在が、私の身体についてもつ意識にあるということである。
私の身体は空間にひろがっていて、感覚を蒙り、また同時に運動を行う。
感覚と運動はこの延長の定まった諸点に限局されるから、
特定の瞬間には、運動と感覚の体系は一つしかありえない。
だからこそ私の現在は、私には、絶対的に決定されているように見え、
私の過去とは際立った対照をなしているのだ。
私の身体は自分が影響をこうむる物質と、影響を及ぼす物質との間にあって、
行動の中心、すなわち受けとった運動が巧みに道を選んで姿をかえ、
既遂の運動となるための場所である。
だからそれは、まさに私の生成の現在の瞬間、私の持続の中で
形成途上にあるものをあらわしている。
より一般的には、現実そのものである生成のこの連続の中で、
現在の瞬間というのは、流れていく流体に私たちの知覚が行う
ほとんど一瞬の切断からなるものであり、
この切断こそまさに私たちが物質的世界とよぶものなのだ。
私たちの身体はその中心を占めている。
それは、この物質的世界の中で、私たちがじかにその流れるのを感ずる部分である。
その現実的状態こそ、私たちの現在の現実性をなしているのだ。
私たちの見解では、物質は、空間中にひろがる限りにおいて、
たえず再開される現在として定義されるのにたいし、
反対に私たちの現在は、私たちの存在の物質性そのもの、
すなわち感覚と運動の総体であって、他の何ものでもないのである。
そしてこの総体は、持続の各瞬間に唯一のものとして定まっている。
その理由はまさに感覚と運動が空間の場所を占めるものであり、
同じ場所に同時に多くのものがあるわけにはいかないからだ。

2014.5.27[Tue]
『個展…明日から』

いよいよ明日から個展が開幕いたします。
ご高覧いただけければ幸いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------
『黄金宮殿(ドムス・アウレア)- エスクイリヌスの丘を彷徨する666(NERO)の荊棘』
5月28日(水)〜6月15日(日)
※月曜・火曜 休廊
open 11:00-19:00(ただし6/14は16:00、6/15は17:00まで)

ギャラリーカフェ ストーク
〒365-0037
埼玉県鴻巣市人形 4-4-113
TEL.090-1122-9127
http://www1.tcat.ne.jp/stork
●JR高崎線「鴻巣駅」東口から2km
----------------------------------------------------------------------------------------------



Powered by HL-imgdiary Ver.3.03