2018.7.25[Wed]
『青き翼』

人々へ送る
わたしの手紙は

足並み揃え
青き翼によって
運ばれてゆきます

心を掃き清め
きらびやかな
衣装を纏いながら
銀河の空の下に
丸い輪郭を描きます

着陸の時を待っていたかのよふに
わたしは天空の予報を振り返り
祈りを捧げます

後ろを振り向くと
エレベーターがあります

其のエレベーターは
想像もつかない
年月の曲線美の望みを
抱いているかのよふです

右を向いた横顔は
とても静かです

壮大な街に出掛けます
聞こえるのか
聞こえないのか
わからないほどの
たくさんの波の谷間のさなかに
天使は現れます

回る車輪のよふな
半球体の平和が
其処にはあります

少しだけ
息が詰まるのですが
其れは此の上なく
美しい世界であることも
わたしは知っているのです

--------------------------------------
ブルーインパルス 〜復活の空へ〜
https://www.youtube.com/watch?v=xJSXSDQyhg0&feature=youtu.be

2018.7.24[Tue]
『オフィーリア』

オフィーリアの精神

溺れる前
歌ひながら
川に浮かんでゐる姿

以下、小林秀雄の
『おふえりや遺文』より
一部抜粋

(以下)

妾は船縁から脛(あし)をぶらさげて、
海の水の走るのを見ていました。
妾は何処かに流されて行くに違いない。
他に誰も乗っている人はいないのも解っていたし、
この船は独りでにお魚を食べて動いている事も知っていたし、
妾はもう諦めていた。
……貝殻を重ねたような帆は、
じっと静かに少しも動きません。
船が何処かに流れつかないうちに、
死んでしまうかもわからない、
それは、どちらにしてもかまわないけれど、
ふと見ると、
帆柱のてっぺんから梯子を降りて来る人があります。
よく見ると栗でした。
毬(いが)のない、ただすべすべした茶色の栗が、
ひょいひょいと梯子を降りて来ます。

2018.7.23[Mon]
『背中のある風景』

私たちのもとに
なんと美しいウエストが
見え隠れすることでしょう
首元から肩甲骨
背骨や骨盤など
その心配りは
信仰心を奮い立たせ
常に耳元で囁いてくれる
其れを明確にする訳には
いかないのだが

2018.7.22[Sun]
『心の炎』

再びあの時を
生きられたのなら
まるで鍾乳洞の特権を持つ
あなたに歌ふよふに
喜びと驚きを加えつつ
かがやく光の中を漂ふのです
心の炎を
決して消して終わぬことを
願いつつ

2018.7.21[Sat]
『ホモ・サケル』

いつでも其の風雨を
感じている

ゾーエー(zoe)と
ビオス(bios)

此の暑く
困難な世界に於いて

生の物事の状態を
そのまま保ちつづけること
それを再び生産する
「剥き出しの生」

政治的動物として
人間の「価値ある生」

2018.7.20[Fri]
『麗しい頬』

大聖堂のなかに

異質なものへと
開かれた精神が
鳴るのを聴く

流動性や葛藤や変化を
歓迎する態度

麗しい頬には
その手を捧ぐ

2018.7.19[Thu]
『イタリアの哲学』

イタリアには19世紀後半の
リソルジメント(イタリア国家統一運動)まで
もともと統一国家なるものが
存在しなかった

神聖ローマ帝国の支配に対抗して
都市同盟を結成した『北イタリア』

ローマ教皇が存在した
『中部イタリア』

ナポリ王国やシチリア王国にみられる
歴史が続いていた『南イタリア』

故に
思想も伝統的に
『国民国家といふ枠組み』に
縛られてこなかった

『多くの都市国家』が林立し
さらに『ヴァチカンの勢力』が加わる

そして繰り返されてきた
ヨーロッパの列強の介入の
経験といふ事情

イタリアの思想は
『政治的で宗教的な問題』があった

心の中に相反する欲求が同時に起こり
そのどちらを選ぶか迷うことに
たずさえられてきた

イタリア哲学の中心的な問題は
其の周辺国によく見られる
『観念的で抽象的な問題』よりも

『生や歴史の現実に即した実体を備えている問題』に
関心が向けられてきた

『教会権力や神学の葛藤』が
絶え間なく繰り広げられてきたことについては
言うべくもなく
『異端宣告』を受けて
火刑となった『ジョルダーノ・ブルーノ』を
想い浮かべてみれば良いのである

2018.7.18[Wed]
『ジョルダーノ・ブルーノ』

曲線や直線に従って飛散する
絶え間のない炎
膨大な時間と無限宇宙
麗しき理想の身体美
月の北緯36度
東経103度の純粋気体
燃立つ新星
線の集積は
カンポ・デ・フィオーリ広場の
鎖から放たれて

2018.7.17[Tue]
『現在』

不断に前進する現在
此処には
身体のイマージュが集中する

また身体のイマージュは
現実的表象の一部をなしていて
平面を構成する
全てのイマージュから出現する作用を
受けたり返したりしている

記憶力に蓄積された記憶全体

過去は不動
習慣が組織した感覚

第一には
運動系の総体からなる
身体の記憶力

そして第二には
過去の本当の記憶力

2018.7.16[Mon]
『草がわらわらと』

自然に於いて
此れはしごく
当然のことであるが

草がわらわらと
風にそよぐこととは

『線』を描くということに
繋がるのである



Powered by HL-imgdiary Ver.3.03